トップページ > 抱っこひもを選ぶ際のポイント

ラインナップ

肩と腰への負担

長時間抱っこ

涼しさ

携帯性

抱き方

使用期間

自分にあったバストな抱っこひも選びを

抱っこひもを選ぶ際のポイント

紹介テキスト

ラインナップ

初めにそれぞれの特徴を分かりやすく表にしました。星が多いほど、優れています。
各商品の詳細は商品名をクリックしてください。

項目/商品名 長時間抱っこ 肩への荷重 腰への荷重 涼しさ 携帯性 おんぶ 横抱き 使用期間
アーバンファン(腰ベルトタイプ)別ウィンドウで開きます NEW! ☆☆☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ 生後10日 ~ 3歳
ポルテ(新生児インナーパッド+腰ベルトタイプ抱っこひも)別ウィンドウで開きます NEW! ☆☆☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆   生後10日 ~ 3歳
サイドプラス(腰ベルトタイプ)別ウィンドウで開きます ☆☆☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆ ☆ ☆☆☆ ☆☆ 生後10日 ~ 3歳
サイドプラス オールメッシュ別ウィンドウで開きます ☆☆☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆☆ ☆☆ 生後10日 ~ 3歳
ショルラク(腰ベルトタイプ)別ウィンドウで開きます ☆☆☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆ ☆ ☆☆ 注1 4ヶ月 ~ 3歳
4WAYポーチキャリー別ウィンドウで開きます ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 生後10日 ~ 2歳
セブンスタイル別ウィンドウで開きます ☆☆ ☆☆ ☆☆☆   ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ 生後10日 ~ 2歳
紐タイプ抱っこひも別ウィンドウで開きます ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ 4ヶ月 ~ 2歳
スリングキャリーネクスト別ウィンドウで開きます ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆   ☆☆☆ 生後10日 ~ 2歳
スリングキャリーデイリー別ウィンドウで開きます ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆     5ヶ月 ~ 2歳
らくらくキャリーアジャスト別ウィンドウで開きます ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆     5ヶ月 ~ 2歳
らくらくキャリー別ウィンドウで開きます ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆     5ヶ月 ~ 2歳
おしりスッポリ別ウィンドウで開きます ☆ ☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆     6ヶ月 ~ 2歳
かんたんネットPlus別ウィンドウで開きます ☆ ☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆     6ヶ月 ~ 2歳
ボルバン別ウィンドウで開きます NEW! ☆☆   ☆ ☆☆☆ ☆☆☆     7ヶ月 ~ 3歳
ウエストキャリー別ウィンドウで開きます ☆☆   ☆ ☆☆☆ ☆☆☆     6ヶ月 ~ 3歳
ピッタリラップ別ウィンドウで開きます ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆ ☆☆☆     生後10日 ~ 3歳

注1:ショルラクインナー(別売り)との併用で生後10日から縦抱きできます。

ラインナップ

上記ではそれぞれの商品の特徴をご紹介しましたが、抱っこひもを使ったことがないパパ・ママには想像しにくいですよね?ここでは、目的別におすすめ抱っこひもを紹介させていただきます。

● 長時間抱っこ(連続1時間以上の抱っこ)

腰と両肩の3か所で支えてくれる”ポルテ”や"サイドプラス"がお勧めです。一方でおしりスッポリやかんたんネットPlusは連続1時間以上の抱っこは不向きです。
☆ほとんどのパパ・ママはベビーカーを持っているので、実際には1時間以上連続してお子様を抱っこする機会は少ないです。そのため、"ちょっとだけ抱っこ"のおしりスッポリやかんたんネットPlusの人気が出てきています。

サイドプラス

スリングキャリーネクスト

● 生まれてすぐから使いたいのですが。

新生児の赤ちゃんはなるべく家で安静にしているのが一番いいのですが、季節のいい時期は赤ちゃんと散歩したいですよね。そんなパパ・ママは横抱っこができる"サイドプラス、セブンスタイル、スリングキャリーネクスト"がお勧めです。横抱き+背当てボードなのでお子様の首や腰に負担をかけません。また、ポルテは付属のインナーパッドを使用すれば新生児のお子様の背中、首筋をしっかり支え安心です。ショルラクの場合、インナー(別売り)を使用していただければ新生児の背中、首筋をしっかり支えることができるので安心です。
☆スリングとして唯一横抱きができるスリングキャリーネクスト。セーフティーベッド付きなので股関節脱臼のリスクを軽減します。

● 腰が弱いと感じているママへ

出産は骨盤に大きな負担をかけます。また授乳を行うママは、無理な体勢で授乳を長時間行うので腰痛が発生しがち。そのため、"腰で支えるポルテ、サイドプラス、ショルラクをご購入されるママは気を付けてください"。

ショルラク

おしりスッポリ

● 肩こりに悩んでいる方へ

肩への負担が少ない"ポルテ"や"サイドプラス"がお勧めです。
また、肩こりの原因となる僧帽筋を避けて、肩全体で支えることができる"おしりスッポリ"や"かんたんネットPlus"もおすすめです。

● 旅行で使いたい

とってもコンパクトで軽い"おしりスッポリやかんたんネットPlus"がお勧め。プールや海でも使える優れもの。またコンパクトだけどしっかり抱っこできる"らくらくキャリーとらくらくキャリーアジャスト"は2本目抱っこひもとして人気があります。
☆かんたんネットプラスやらくらくキャリーアジャストは調整ができるので、パパ・ママ兼用できます。
☆4WAYポーチキャリーはポーチ型に変わるのでベビーカーとの相性はばっちりです。
☆ポルテ本体はポーチ型にかんたんチェンジ。持ち運びに便利です。

おしりスッポリ:iPhone5より軽い80g!!

FQ: おしりスッポリとかんたんネットPlusの違いって?? 

パッと見はほとんど一緒のおしりスッポリとかんたんネットPlus。でも実際はその機能には大きな違いがあります。

● 旅行で使いたい

かんたんネットPlusは調整ができるが、おしりスッポリほどのフィット感と色数がない・・。どちらを選べばいいのか悩みどころですね。ちなみに海外ではおしりスッポリが大人気です。抱っこひもとしては珍しいコンパクトさとカラーバリエーションがファッションに合わせやすいからでしょう。

おしりスッポリ
かんたんネットPlus

ウエストキャリー

● さっと使いたい

歩き始めのお子様は"自分で歩きたい、でもすぐ疲れるので抱っこ・・"と、パパ・ママにとってとっても大変です。"おしりスッポリやかんたんネットPlus"は肩に掛けるだけなのでとってもお勧め。でも更におすすめなのは、腰につけっぱなしの"ウエストキャリー"。着脱なしの"まさに乗せるだけ"。さらに3歳まで使えるので大活躍間違いなしです。

● 家事の時も使いたい

家事の時には両手が自由に使える"おんぶ"がお勧め。一番のおすすめは紐タイプ抱っこひも。おんぶに特化しているのでさっとおんぶできます。また背当てボードが標準装備されているセブンスタイルやサイドプラスも安全におんぶできます。
今流行りの腰ベルトタイプでもおんぶはできますが、"腰という低い位置で赤ちゃんを支えるのでどうしても後ろに反り返りがち"。さらにフードでは赤ちゃんの頭をしっかり支えられないので不安です。

紐タイプ抱っこひも

スリングキャリーデイリー

● 寝かしつけに使いたい

寝かせつけには抱っこよりおんぶのほうがお勧めです。抱っこの場合、パパ・ママとお子様の目が合ってしまうので、どうしてもお子様が話しかけようと興奮してしまいます。

● 暑い時期でも快適に抱っこしたい

オールメッシュの"おしりスッポリやかんたんネットPlus"がお勧めです。赤ちゃんの体温は大人より平均1度以上高く、またとても汗っかきなので、通気性はとても重要。気候が暑い場所の方は要注意です。
☆すべての生地がメッシュの"サイドプラス オールメッシュ"が新登場。 見えない腰ウレタンや背あてボードにも通風穴をあけることで、通気性が抜群に良くなりました。
4WAYポーチキャリーはCOOLMAX® fabricを使用しているので街でも快適です。

かんたんネットPlus

スリングキャリーデイリー

● 密着感を大事にしたい

お子様との密着感を大事にしたい方には"スリングキャリーデイリーやスリングキャリーネクスト"がお勧め。リングを中心にしっかりと調整できるので、隙間なく赤ちゃんを抱っこすることができます。また、服に馴染むので、一般的な抱っこひもに比べておしゃれに抱っこできます。

↑このページの先頭へ